車の売却についての一連の流れを説明すると次のようになります。

車の査定依頼を中古車販売店にする場合は、お金をとられる

車の査定依頼を中古車販売店にする場合は、お金をとられることはまずありませんが、手間がかからないからとディーラーの下取りで済ませてしまうと、下取額はまずまずでも査定手数料をとられていたなんていうパターンも多いです。

下取りの査定費用は下取価格から引くので、出費に気づかない人もいるようです。

同じ「中古車」なので買い取りだろうと下取りだろうと似たようなものだと思っていると本来確認すべきことが疎かになってしまうため、安易に契約せず、査定にかかる費用はいくらかかるのかはっきり聞いておくべきです。査定は有料だと言うのであれば、かけあいの仕方次第で金額が変わることがあるからです。

車の査定において、事故や災害にあった車の場合は、査定が下がることになるでしょう。そうは言っても、事故を起こしたことがないようなふりをすることは諦めた方がいいでしょう。なぜなら、後になって事故車であるという嘘が露見して一悶着おきる事が多々あるからです。その道のプロである中古車買取業者は、素人ではないので、事故車でないとシラを切っても程なくバレてしまいます。

心の平静のためにも、誠実に事実を話した方がいいでしょう。

車を査定して欲しいからといって、買取業者の店舗に現物を直接持ち込むのはよほど急いでいない限りおすすめしかねます。

一社では提示された金額が相場かどうかもわからないため、足元を見られることもあり得ます。

あえてメリットを挙げるならば、スピードです。

買取対象となる商品を持ち込んで査定を受けるので、契約に必要な印鑑(実印。軽は認印可)や書類一式が手元にあれば、トントン拍子で契約完了ということも考えられます。

なんの変哲もない中古車なら車の買取に出して高値で売ることもできますが、事故を起こした自動車となると引き受けて貰えるだけで十分と思ってしまうかもしれません。ですが、近年では事故を起こした車でも一括査定でいろんな買取会社の査定を受けると、意外に高い値段で買い取りをしてもらえるチャンスもあるのです。

自分の車を買取業者に査定に出して、提示された金額がどうも腑に落ちないときに、その場で売却を断っても問題にはなりません。たくさんの買取業者の査定金額を比較してできるだけ高く買い取ってくれるところで契約する方が賢い選択です。

でも、契約書を交わしてからの車の売却キャンセルは難しいか、受け付けられても損害賠償がある場合が多いと思ってください。

契約に関する詳細については取り交わす契約書に記載されていますから、契約するときはどんな時でも全文に目を通すクセを付けた方が良いでしょう。

総走行距離が10万kmを超えてしまった車は、中古車市場では過走行車というカテゴリーになり、査定サイトなどを使って売ろうとしてもタダ同然になることが多いです。

車は命を預ける乗り物ですから、安全性を考慮して過走行車や事故車は敬遠されるのが普通です。

そういったケースでは一般の中古車屋ではなく、多(過)走行車や事故車を専門に扱う買取業者に相談したほうが値がつきやすいです。もしくは買取りはあきらめて、ディーラーでの買い替え時に下取りに出せば、先々のことを考えて相応の下取り価格を出してくる可能性が高いです。

車が事故を起こしていたケースは、十分修理を終えた後に、査定をしたとしても、事故前と比較して査定金額が大幅にダウンすることを査定落ちと呼ばれています。

格落ち、評価損ともいいます。

完璧に修理をして、性能面では特に問題が見られなくても、事故を起こした車両というマイナスイメージだけで査定落ちをすることが無きにしも非ずです。売却査定において、タイヤの状態は所有者が思っているほど価格に対する影響が少ないものです。

とはいうものの、もしスタッドレスを履いているままなら、可能なかぎりノーマルタイヤにしてから査定に出すことを推奨します。タイヤの価格でいえばスタッドレスのほうが高いものの、真冬に残雪が残る地方というのは限られていますから、いちいち業者の方でノーマルタイヤに交換したあとでなければ販売できません。

従ってその手間賃と実費の分、あらかじめ査定額から引いているというわけです。

車の査定は、状態が新車に近ければ近いほど査定の金額がより高くなります。

これまでの所有者が1名のみであることやこれまでの車の走行距離数が少ないといったこと、カスタムされたものでない場合は評価額が高くなることでしょう。誤解しないでいただきたいのですが、査定額において車検期間は不問ということが十中八九です。

また、査定する側も人間ですので、心証が査定額を動かす場合があります。

契約や消費に関する相談を受け付けている国民生活センターには、毎年大量の中古車がらみのさまざまな相談電話がかかってきます。

そして個人から業者への売却に関する事例は多く、全体に占める割合も増えています。

内容的に多いのは、ネットの一括見積りサイトを通じて査定依頼したら、信じられないほどの電話が集中して迷惑している、居座られて契約をせざるを得なかったなどです。

泣き寝入りすることのないよう、トラブルに遭ったら、消費生活アドバイザーなどがいる窓口へ相談するようにしましょう。